2018年 平成最後となる納会松寿司さんにて行いました。

今年は指導者の方々にも、いつもより多くのご参加をいただき、賑やかな納会となりました。

代表、指導者の方々、一人一人から、心のこもったメッセージをいただきました。

この一年を振り返り、様々な思い出がよみがえります。

今年は試合にはなかなか勝てなかったかもしれませんが、勝った試合はどれも素晴らしい、思い出に残る試合でした。

三年生選手たちの笑顔を見ていると、皆の成長を感じます。

一番の思い出に残る試合は、愛知大会高岡ヤング戦でしょうか。

まさに最後まで諦めない、粘り強い試合。

皆が7回2アウトで諦めかけたその時…

選手たちは諦めていませんでした。

応援の一年生、二年生も、声をからし声援をパワーに変えて一緒に戦いました。

そして5点差をひっくり返しての逆転勝利!!!

選手、指導者、保護者、皆の力が一つになった試合でした。

西尾張ヤングでは長年にわたり、様々なボランティア活動をして来ました。

清掃活動もその一つです。

今年は積み重ねて来た活動が評価され、表彰もされました。

笑顔でゴミを拾い集められる、選手たち、とても素敵です。

一度のみの活動ではなく、習慣として行うことで選手たちの中に、将来まで残る健全な社会人としての基盤が出来、大きな財産が残ってくれると思います。

今年も一年、西尾張ヤングの活動をサポートして下さった方々、OBの皆様、本当にお世話になりました。

来年もどうぞよろしくお願い致します。